ブログ社長のIT参謀 クリエイトバリュー中村宏

ブログ「社長のIT参謀」でお伝えしたいこと

きめ細かな対応力やレスポンスの早さなどを活かして、
「お客様づくりでオンリーワン経営を行う」ための、
スマホや動画など「最新ITの活用の話題」を解説します。

 

売上げを増やす「攻めの顧客管理」手法!

2015-08-15 社長のIT参謀  
  

先日の、「ベテラン社員の退職」に備えて、
顧客管理の仕組みを作って対応している
ある中小企業さんでの取り組みを簡単にご紹介します。

顧客管理と聞いて、もし、

「顧客管理なんて、特に変わった話題でもないだろう」

と思われたのなら、
貴社では、顧客との関係づくりで大切なことを
見落としているかもしれません。

なぜなら、顧客管理とは・・・、
記録や日報をスタッフ全員で効果的に活用して、
お客様の心をつかむ提案をしたり、
他社ができないサービスを提供したりすることで、

お客様を感動させ、信頼関係を深めて再来店や
リピートを促すという重要な経営戦略上の狙いがあって
行う活動だからです。

「お客様との付き合い方で差別化」をするためには、
お客様を育て「創造」する活動が必要です。
当然、そのための戦略シナリオが必要になります。

貴社には
「お客様を創造するためのシナリオ」
がありますか?
営業日報や顧客台帳に接客を記録しているだけでは、
顧客管理を実践しているとは言えません。
自社の現状を少しだけ振り返って見てください。

例えば、スタッフにアナログな情報交換をさせるのは、
とても大切なことですが、
それだけでは全員が目標の接客レベルに達するまで、
一体どのくらいの時間が必要でしょうか?

それから、外出中などの例で、
社外から大切なお客様の情報を把握したくなりますが
顧客管理の状況を報告させたりすると、
スタッフに大きな負担がかかりませんか?

実は一口に顧客管理とは言っても、身近に様々な
問題が発生して、
なかなか上手く行かないのではないでしょうか。

そこで、「いつ」、「誰が」、「何を」、「どのように」
を把握して、迅速に指示が出せるように、
「Googleカレンダーと連携する顧客カルテ」を
考案しました。

全員でGoogleカレンダー上の予定を共有しながら、
予定に紐づいた接客記録・商談記録、作品の写真などを
素早く引き出して活用できるようにした仕組みです。

カレンダー連携型の顧客管理

情報を活用して顧客管理を「見える化」することで、
お客様への接客がどのように変えられるのか?

実際の中小企業さんの実例を中心に、
8月21日(金)18:30から、
この顧客カルテの活用セミナーを開催します。

詳細は以下のページに記載していますので、是非ご検討ください。

「引き寄せ力を高める」顧客カルテ活用セミナー
カレンダー連携型の顧客管理

クリエイトバリュー 中村 宏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中小企業診断士 中村宏

中村宏

ファン創りの名人

ファン創りの名人
ファン創りの名人

最近の投稿記事




月別投稿一覧




カテゴリ一覧



投稿記事のテーマ一覧