ブログ社長のIT参謀 クリエイトバリュー中村宏

ブログ「社長のIT参謀」でお伝えしたいこと

きめ細かな対応力やレスポンスの早さなどを活かして、
「お客様づくりでオンリーワン経営を行う」ための、
スマホや動画など「最新ITの活用の話題」を解説します。

 

動画の初心者でも人を動かせるコツ

2016-06-23 社長のIT参謀  
  

動画の腕を上げて、一段上の動画が作れるように
努力を重ねることは、それはそれで意味があることかも。

しかし、動画をやる目的が「集客」であるならば、
本当に大切なポイントは別のところにあるのでは?

全国の中小企業さんで、集客に動画を活用して
ある一定の成果を上げている企業さんの作品を見ると、

集客につながるのは動画の腕ではなくて、
「どう行動して欲しいかを伝える」メッセージ力だと
つくづく思います。
 

【1】お客様との距離の近さを武器にする

 
全国の多くの中小企業で動画を活用して新規顧客開拓や
集客に成功している会社の作品を見ていると、

「映像力」そのものはあまり高くないのに
集客でそこそこの成果を出していることに気付きます。

しかし、そういう作品は、
「映像」によるインパクトではなくて、
「誰に」、「どんな行動を取ってもらいたいか」

というメッセージの部分が、非常に明確で、
共感できるという特徴があります。

手作り感いっぱいの作品ながら、丁寧に作ってあって、
社長が汗をかきかき一生懸命作ったんだなあ、
という印象が伝わってくると、

誠実さと一所懸命さを通じて「信頼感」を感じます。

「ちょっと、この社長に会ってみようか」とか、
「近くまで行くから、お店に寄ってみようか」と、

自然とこういう心理になってきます。
 

【2】「一段上の動画力」で戦えるのか?

 
報道やデザインの会社にいて、
プロとして映像制作していた人たちが企画した

入門者向けの「プロが教える」主旨のセミナーを
しばしば目にします。

でもですよ・・・
「プロが教える」って一体に何を教えてくれるの?

趣味やプライベートなら話は別ですが、
「集客」というマーケティング活動が目的なら、

他の映像のプロが作った作品や、
莫大な広告費を使える会社などと、

映像で戦うなんてできる訳ないじゃないですか!

商品や店舗の紹介をメインにしたイメージ動画を作って、
映像のインパクトで人を集めるなんて、
素人ができることではありません。無理です!

だから、集客なら思い切って考え方を変えませんか?
 

【3】メッセージ力で勝負する!

 
人を感動させて動かすことは無理でも、

「誰に」、「どんな行動をしてもらいたいか」を
手書きのPOPやホワイトボードなどを使って
伝えることは比較的簡単にできますよね。

商品のイメージをカッコよく撮影するのは無理でも
お客様の声をインタビューするのに難しい技術は
必要ありません。

それらを、ストレートに撮影しませんか?
そして経営者が、自分でカメラにむかって語りながら
それらを紹介すれば、立派な動画作品になります。

このように、手元にあるものを活かすだけで
明確なメッセージを映像にして伝えることができます。

これが筆者がいう所の「動画メッセージ」です。

既に全国の多くの中小企業の経営者の方々が、
この方法で成果を上げておられます。

とはいうものの「動画」と「動画メッセージ」と、
何がどう違うのかわからないという方も多いでしょう。

そこで筆者も1作品「動画メッセージ」を制作して
みました。

iPad(iPhone )のiMovie で編集&制作した作品です。
画像をクリックするとYouTubeの動画が再生されます。

社長のIT参謀

今後の動画活用の参考にしていただけたら幸いです。

クリエイトバリュー 代表 中村 宏

“動画実践力"/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中小企業診断士 中村宏

中村宏

ファン創りの名人

ファン創りの名人
ファン創りの名人

最近の投稿記事




月別投稿一覧




カテゴリ一覧



投稿記事のテーマ一覧