ブログ社長のIT参謀 クリエイトバリュー中村宏

ブログ「社長のIT参謀」でお伝えしたいこと

きめ細かな対応力やレスポンスの早さなどを活かして、
「お客様づくりでオンリーワン経営を行う」ための、
スマホや動画など「最新ITの活用の話題」を解説します。

 

繰り返すことの大切さ

2017-02-15 社長のIT参謀  
  

弱者や腕にいまひとつ自信がない方でも、

繰り返しの回数で勝負することで、

強者や熟練者を上回る成果を出すことができる。

というお話です。

 

弱者は繰り返しの回数で勝負する

 

日本の多くの経営者に大きな影響を与えた故皆川節夫氏の

教えの中に、

「人格とは繰り返しの総体である」

という、自己変革の核心を突いたことばがあります。
 

また、ランチェスター経営で著名な竹田陽一先生の教えにも

営業の成果=【営業の質】×【訪問回数の自乗】

だから、

「営業力に自信がない人は、訪問回数でカバーせよ」

という教えがあります。

ともに「繰り返すこと」を重視する教えです。

 

継続することは確実な力となる

 

単純な例をあげて説明すると

いまここに3人の人(Aさん、Bさん、Cさん)がいる

として、

各々、営業力(能力)の比が、10:5:2だったとします。

そして、各々が実施する訪問回数が1回、2回、5回だった

とすると、

各々の営業成績は、以下のように予測できます。
 

Aさんの成果 = 10 × 1 = 10

Bさんの成果 = 5 × (2×2) = 20

Cさんの成果 = 2 × (5×5) = 50
 

このように、

Aさんの5分の1しか能力のないCさんでも、

Aさんの5倍の訪問回数が実践できれば、

能力の差を訪問回数でカバーすることができて、

さらに5倍の成果があがる。

という訳です。
 

「量稽古」の部分が「自乗で」効いてくるので、

このような結果になる訳です。

 

弱者でも、強者や熟練者を上回ることができる!

 

さらに、量(数)稽古をこなすうちに、

「質」の部分も2から5へ、5から10へと

向上してきます。

これは、継続するうちに様々な問題点に気付いて、

解決するための工夫を積み重ねることで、

力がついてくるからです。

 

数をこなすことは質の向上にもつながる

 

新しい取り組みにチャレンジした時に、

1度や2度やってみたけど成果が出ないからと、

そこで諦めたり、やめたりするのではなく、

問題を発見しながら解決の工夫を続けることで、

確実に実績につながります。
 

まずは粘り強く、繰り返すことを実践をしましょう。
 

クリエイトバリュー 代表 中村 宏

“ファンづくり"/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中小企業診断士 中村宏

中村宏

ファン創りの名人

ファン創りの名人
ファン創りの名人

最近の投稿記事




月別投稿一覧




カテゴリ一覧



投稿記事のテーマ一覧