コラム スマホでイノベーション クリエイトバリュー中村宏

このコラムでお伝えしたいこと

スマホを活用して「新たな集客や営業のスタイル」を創ったり、
仕事の進め方を変革したりして集客や収益力のアップにつなげるための、
アイデアやノウハウを発信するコラムです。。

 

集客に「4K映像を活用」しよう!

2019-03-22 スマホ懐刀集   
  

最近話題のドローンやアクションカメラ、最新スマホを

活用すると、従来よりはるかに少ない投資で、高画質の

4K映像で販促ツールを制作し活用することができます。

 

【1】「4K」とは何か?

 
最近「4K」という言葉をよく耳にしませんか?

「4K」というのはハイビジョンの4倍精緻な画質と

いう意味です。

一般的には、横3,840✖️縦2,160の画素数があります。

(ハイビジョンは1,920✖️1,020)

で、何がすごいのかと言うと・・・

 

【2】最新スマホなら4Kで映像が撮れる

 
実は最近は・・・皆さんが持っているスマホでも、

新しいものなら、

この4K画質の動画を手軽に撮ることができるんですよ。
 

筆者のスマホは、2年前に登場したiPhoneXですが、

「設定」の「カメラ」の項目で「4K/24fps、同/30fps、

同/60fps」のどれかを選択するだけ。
 

たったこれだけで、80インチの大画面でも綺麗に見える

そんな映像を撮影することができるんです。

 
“スマホ懐刀集”/
iPhoneXS(Apple公式ページより)

 

【3】アクションカメラがすごい!

 
さらにスマホの他にも、ビデオカメラの世界でも

すごい変化が起きています。
 

普通、歩いたり移動しながら動画を撮影すると、

揺れや手ブレで画面が揺れ続ける状態になって、

とても人に見せられる映像にはなりません。
 

この揺れや手ブレを抑えるために、

スタビライザー(ジンバルともいう)という装置がある

のですが、今まではプロが使うものだと思ってました。

ところが・・・
 

このスタビライザーを組み込んだ超小型の4Kビデオカメラ

(アクションカメラ)が低価格で登場してきました。

昨年末から爆発的にヒットし始めています。
 

これを使うと、まるでドローンから撮影したような、

安定感がある、かつダイナミックな映像を撮影する

ことができます。

 
“スマホ懐刀集”/
Osmo pocket(DJI公式ページより)

 

【4】ドローンを活用して4Kで空撮

 
さらに最近話題のドローンの進化です!

やはり4Kカメラを積んでいて、

非常に高画質で空からの撮影ができるようになりました。
 
“スマホ懐刀集”/
DJI社 MAIVC AIR(DJI GO初期画面より)

 
こんな風に、従来よりもはるかに少ない投資で、

画質の高い映像作品(販促動画)を作ることができる

そんな時代になってきました。
 

これは大きなビジネスチャンスになると思いませんか?

 

【5】4Kで販促ツールを作り集客へ活用

 
ただ、

筆者も自分でドローンの飛行許可を取って飛ばしたり、

アクションカメラで映像作成をやってみましたが、

実際には、それなりの技術が必要なことがわかりました。
 

そこで、専門の技術をお持ちでない方々でも、

これらの「4K映像機器とそれを活用する技術」をセット

でご利用いただき、

4K映像を駆使して販促動画を製作し、

新たなスタイルの集客や営業の仕組みを作って、

売り上げのアップがねらえるような、

そんな一連のお手伝いができると良いなあと考えています。
 

スマホで動画実践塾
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中小企業診断士 中村宏

中村宏

動画実践塾

動画実践塾
ファン創りの名人

最近の投稿記事




月別投稿一覧




カテゴリ一覧



投稿記事のテーマ一覧