「作らせて配信する」従来のやり方とは全く異なる中小企業の動画集客法!

友だち追加 (LINE公式アカウント)
 

中小企業の動画活用作として、従来の「業者に作らせて

配信する」から脱却した、全く新しい発想の動画集客法

について解説します。

作らせて配信する従来のやり方とは全く異なる中小企業の動画集客法
 

【1】「作らせて配信する」では戦えない

 
これまで動画による宣伝広告は、

映像の専門業者を使うなどして作品のクォリティを高め、

SNSの技術を高めて再生回数を増やすこと

などがさかんに言われてきました。
 

しかし現実にはどうでしょうか?

中小企業の多くは、広告宣伝費に限界があるため

制作できる作品数もそう多くはありませんし、

情報発信を行うSNSの技術力を高めようにも

人的な余力も十分でない会社さんが多いです。
 

このような条件下にある会社が、

資金力に余裕のある会社と同じ土俵で戦って

勝てるのか?勝てる訳がありません。

(そこで動画の活用を諦める会社も多いのでは?)
 

しかし世の中は、動画の活用に関して

次第に追い風が吹き始めています。

中小企業としても

時流に乗るための良い方法はないものでしょうか?
 

これまで映像制作会社などから聞いてきた

従来の動画の常識というものをここらで一度見直して、

中小企業ならではの動画の活用の方法について

一度検討してみましょう。
 

【2】動画を自社の強みを活かす武器にする

 
そこで、これまでの発想を全く転換して、

作品のクォリティや配信回数で戦うのとは

全く異なる戦い方を提案したいと思います。
 

それが、「自社の強みを活かす動画集客法」です。
 

これまで述べてきましたが、動画への取り組み自体が、

1)お客様との「接点」を創り、深め、

2)お客様を「感動」させることで「満足」させ、

3)お客様の「記憶」に残る

そのようなスタイルで営業や接客に動画を活用する

動画集客法です。
 

これまで何度か解説してきましたが、

北九州の老舗料亭「日本料理 古仙」で実践し、

昨対120%の売上実績を達成している方法です。
 

中小企業の経営戦略としても、

さまざまなお店で活用できる、

とても参考になる先例なので、

是非注目していただきたいと思います。
 

詳しくは、

以下の「動画実践塾」のページで紹介していますので、

是非ご覧ください。
 

“スマホで動画実践塾"/