自社の強みを再評価する!

友だち追加 (LINE公式アカウント)
 

「自社の強み」というものは、自分が思い込んでいるだけ

では単なる自己満足でしかありません。お客様が価値を感

じてくれて、「ありがとう」という感謝のことばを発する

ことで、初めてお客様に「強み」として伝わっていること

が確認できます。

itsecret225
 

【1】自社の強みを知る意義

 
今回は、あらためて「自社の強み」の再評価をご提案いたします。

なぜかというと、

この後に解説する「お客様を感動・満足させる」取り組み

に必須のものだからです。
 

「自社の強み」というのは経営における競争力の源泉です。
 

全てのスタッフがきちんと理解していなくてはなりません。
 

【2】自己満足では無意味

 
皆さんは「自社の強み」をきちんと捉えていますか?
 

そして、その「強み」としたものの価値を、

普段からお客様に伝える努力をしていますか?
 

自分たちで強みだと思っていても、

お客様がその価値を感じることがなければ、

それは単なる自己満足でしかありません。
 

それでは全く無意味です。
 

【3】「お客様の目線」を通してつかむ

 
そこで、筆者から1つ提案があります。
 

お客様の「ありがとう」という感謝のことばをカギに、

お客様に伝わっている自社の強みが何かを分析する

取り組みをされてはいかがでしょうか?
 

つまり、お客様視点から分析を行うアプローチです。
 

この方法は、実際にお客様の目(評価)を通じて、

鏡に映った自分たちの姿を見るやり方です。
 

自分たちの思い込を防止して、

お客様の目線から自社を客観的に評価することができます。
 

それでは、次回は「お客様を感動させ、満足させる」

取り組みについて突っ込んで解説いたします。
 

質問や相談がおありの方は、以下のサムネールをクリックすると

無料相談フォームが開きます。
 

“スマホで動画実践塾"/