自社の強みで感動・満足させる!

友だち追加 (LINE公式アカウント)
 

お客様を感動・満足させるために特別なサプライズを用意

するというのは長続きしません。お客様を感動・満足させ

るための源泉は、実はみなさんの足元にあります。それは、

自社の「強み」です。

itsecret227
 

【1】「自社の強み」でお客様を感動させる

 
前回の投稿で、

「お客様は、期待を超える水準の「何か」を体験した時に、

それを「予期しない驚き」と捉えて「感動」を感じ、

感動した体験を記憶に残す」

というお話をしました。
 

お客様が心から「ありがとう」という言葉を発した時は、

お客様が貴店のサービスや心遣いに感動している時です。
 

実は、お客様が感動を感じる場面というのは、

日常営業や接客の中でたくさん生まれています。
 

その時のお客様の反応(心の動き)を、

絶対に見逃さないようにしてください!

なぜなら、その感動の場面の蓄積は、

貴社にとって「かけがえのない財産」になるからです。
 

【2】感動は「自社の強み」から生まれる

 
では、お客様を感動させたサービスや心遣いについて、

「何」がお客様の「心の琴線」に触れたのか、

振り返っていますか?

ここをよく考えてください。
 

なぜなら、お客様が感動を感じたその瞬間こそ、

貴社の「強み」がお客様に伝わった瞬間だからです。
 

お客様を感動させたものは、

「自社の強み」から生まれたものなのです。

ここが非常に大切なポイントです。
 

【3】全てのスタッフに自社の強みを認識させる

 
自分自身では気づかない、見逃している「強み」が、

お客様の目線を通じて発見できることもあるし、
 

反対に、自分たちが強みだと思っていることも、

お客様に全く伝わっていないこともあります。

それらをきちんと知ることがとても重要です。
 

前回の投稿で

「お客様の目線を通じて自社の強みを再評価する」

お話しをしたのは、実はこういう理由です。
 

お客様に感動を感じてもらうには、

特別なサプライズを用意する必要はありません。
 

自社の強みを、全てのスタッフがしっかりと認識して、

その強みに磨きをかければ良いのです。
 

質問や相談がおありの方は、以下のサムネールをクリックすると

無料相談フォームが開きます。
 

“スマホで動画実践塾"/